温度履歴を計測する手段

main-img

温度履歴は、単にある時点の温度をだけではなく、時間とともに変化したり或いは一定に保たれる温度を計測し続ける必要があります。

医薬品の輸送の信頼できる情報を得るために調査した結果をまとめたサイトです。

そのため、温度履歴を計測するためには、目盛りを目で読むタイプの温度計では手間がかかります。
なぜならば、決められた時間ごとに温度を計測して、その時の計測値を記録する必要があるからです。
計測する時間間隔が1時間ごとや10分毎であれば、このような方法でも計測することは可能です。
しかし、例えば5秒ごととか1秒ごとの温度履歴が必要な場合、このような方法で計測することは困難です。
計測して記録している間に次の計測時間が来てしまうからです。

このような場合には、温度履歴の計測システムを使用します。このシステムは、温度を計測する温度センサと、計測値を記録するデータロガーやパソコンなどからなります。温度センサは、金属の電気抵抗が温度により変化することを利用したものなどが実用化されており、このようなセンサを用いれば時間的に変化する対象物の温度に追従することができ、秒単位などの短い時間間隔での温度計測が可能です。

ロケットニュース24に出会えて満足です。

温度を計測したい対象物が高温ガスであったり、生き物であったりして、直接温度センサを接触させることが出いない場合には、対象が放射する赤外線を計測する非接触タイプの温度センサなどを用いることもあります。



データロガーは対象物の温度によって変化した温度センサを流れる電流値を読み取り、パソコンはその値を記録します。


システムで温度を記録する時間間隔を秒単位などに設定しておけば、正確にその時間単位で温度を計測し、温度履歴データを計測し記録を残すことが可能です。

納得の真実

subpage1

温度履歴は、その言葉の通り温度の変化を履歴として記憶するものです。温度履歴を知ることで、温度変化などによって発生する化学変化を知ることができるもので、同じ物質を作り出すために必要な情報を得るものです。...

more

初心者向き売買

subpage2

食品産業は非常に進化し多様化していますが衛生管理は年々厳重になっています。その中で非常に重要となってくるものが温度履歴です。...

more

納得の知識

subpage3

冷凍の目的は食品を凍らせることで細菌の発生自体を抑制することも可能で、一定の鮮度を保つことができます。冷蔵でも同じ目的があると言え、商品の種類によっては冷凍・冷蔵の二つを使い分けるシーンが多いです。...

more

売買の特徴

subpage4

一部の機材には、温度履歴が確認できるようになっています。「何で確認する必要があるんだろう?」と思った方がいるかもしれません。...

more