冷凍食品で必須の温度履歴管理の必要性

冷凍の目的は食品を凍らせることで細菌の発生自体を抑制することも可能で、一定の鮮度を保つことができます。

保冷剤の情報はこちらのサイトがオススメです。

冷蔵でも同じ目的があると言え、商品の種類によっては冷凍・冷蔵の二つを使い分けるシーンが多いです。


ただ食品は運送などのシーンでは、冷凍庫や冷蔵庫から取り出すことも多く、その場合には常温にさらされる可能性があります。


常温にさらされてしまうと食品の腐敗が生じる可能性も高まり、なるべくスムーズに運ぶことが重要です。

YOMIURI ONLINEの情報はココで集まります。

食品は多くの場合、パッケージなどに覆われている実態もあるため、中身の鮮度の状況を把握するのが難しい側面もあります。
そこで温度履歴を管理することは、食品類の鮮度を維持する上でも必要な要素であり、例えば冷凍食品が輸送途中などで解凍されてしまうと品質の問題が生じる可能性が高まります。

食品は口から摂取するものであるため、腐敗を防ぎ、一定の品質を確保しながら販売することも重要です。


ただ実際に過去どういった温度変化が生じたことを把握することも難しいのも事実となります。



そこで温度履歴を管理できるシールを貼ることで、過去の温度変化を逐一、把握することが可能です。
商品の販売する時点で、そのシールを貼っておけば温度履歴を見られる状態になります。そのため商品の販売業者や製造業者を中心に、安心して消費者に販売できる重要な取り組みの一つにもなっています。

商品の信頼性を確保する上でも重要で、こうした温度履歴を把握できることにより品質の良さもアピールできたりする狙いもあります。